FC2ブログ

美景礼賛

心に残った美しい風景を・・・    テキトーに撮っていますが、たまには良い写真も。

Sort by 05 2010

Category: 風景  

平安遷都1300年祭 メイン会場

話のネタに平城京遷都1300年祭に行きました。
近鉄奈良線の西大寺で下車し、徒歩5分位で無料シャトルバス乗り場
に到着、バス約8分で会場に到着です。
会場のバス発着場は人だらけで、JR奈良駅からのシャトルバスや
観光バスがひっきり無しに発着しています。

では会場にと思い見渡してみると、テント屋台のようなお土産屋や
仮設のプレハブで作った奈良名産店、観光案内所等が会場の一画にある
だけで他はだだっ広い空き地が広がっているだけです。

とりあえず順路に従い遣唐使船を見に行きますが、資料館に入らなければ
船に乗り込む事ができません。
あきらめて朱雀門に向かいますが、この門はもう十年以上前から建っており
特に目新しいものは無いので、次にメイン会場の太極殿に行こうとすると
そこには以前からある、近鉄電車の踏切が・・・しかも会場の真ん中に・・・
折角こんな大規模なイベントをするのであれば仮設でも陸橋を造るとかと
思ってしまいます。

そして立派な太極殿の内部の見学になるのですが、パネル展示のみで『ふ~ん』
みたいな感じ。
そうこうしているうちに太極殿から出るともう行くところがありません。
そして見学が終わり今度は徒歩で西大寺駅に向かいました。
徒歩10分位で駅に着きこれだったらバスに乗るまでもないかな~

今は暑く無いので良いのですが、夏になると暑いだけでとても見学する
気にはならないと思います。
これから行かれるのであれば秋になってからが絶対におすすめです。


AKI_1628.jpg

AKI_1637_20100526223449.jpg

AKI_1406.jpg

AKI_1429.jpg

AKI_1485.jpg

AKI_1460.jpg

AKI_1515.jpg

AKI_1509.jpg

AKI_1511.jpg

AKI_1526.jpg

AKI_1541.jpg

AKI_1561.jpg

AKI_1643.jpg

Category: 夜景  

道頓堀・宗右衛門町・鶴橋 夜景

奈良の帰りに道頓堀に寄ってみました。
最近H&Mができて少し雰囲気が変わったみたいです。
くいだおれ太郎も復活し、有料で記念撮影もしてくれるみたいで
全国の観光客に大阪は何でも商売?といぶかれています。
カールおじさんは何で大阪? お好み焼きの道頓堀?
だるまの串カツ?
最近何か変ですね・・・・大阪人には納得できません。


DSC05337.jpg

DSC05340.jpg

DSC05348.jpg

DSC05346.jpg

DSC05345.jpg

DSC05344.jpg

DSC05343.jpg

DSC05342.jpg

DSC05361.jpg

DSC05358.jpg

DSC05355.jpg

DSC05351.jpg

DSC05350.jpg

DSC05381.jpg

DSC05380.jpg

DSC05377.jpg

DSC05373.jpg

DSC05370.jpg

DSC05367.jpg

DSC05390.jpg

DSC05386.jpg

DSC05329.jpg

DSC05328.jpg

DSC05326.jpg

DSC05325.jpg

Category: 未分類  

さよなら余部鉄橋

去年も訪れた余部鉄橋に今年も行ってみました。
昨年は工事真っ最中で橋脚が囲われていましたが、もうすぐ完成する事もあり
見かけはかなりすっきり。
古い鉄橋とコンクリート製の新しい橋が並行して出来ていました。

(以下文章流用)
JR西日本はJR山陰線の余部(あまるべ)鉄橋(兵庫県香美町)に代わる新しいコンクリート製の「余部橋梁(きょうりょう)」で、8月12日の始発列車から運転を始めると発表した。また、橋本体の架け替え工事に伴って7月17日~8月11日は同線の香住―浜坂間を運休し、鉄橋の撤去作業を進めることも明らかにした。
同社は現在、橋の上の風速が秒速20メートルになると列車の運行を見合わせている。新しい橋は高さ1.7メートルの防風壁を備え、運転見合わせの基準も秒速30メートルに緩和。強風による運休本数を年平均で90%減らすことができるという。
余部鉄橋は1912年に開通。防風壁がなく、86年には強風にあおられた列車が海産物加工場の上に転落し、従業員や車掌ら6人が死亡した。

今年の夏には新しい橋に切り替わるようで本当に最後の余部鉄橋見学に
なると思うと寂しい思いが・・・
もうここは観光地でも無く、人の来ない元余部鉄橋跡地になってゆくの
ですね。


AKI_1303.jpg

AKI_1312.jpg

AKI_1317.jpg

AKI_1319.jpg

AKI_1321.jpg

AKI_1326.jpg

AKI_1362.jpg

AKI_1330.jpg

AKI_1344.jpg

AKI_1340.jpg

AKI_1353.jpg

AKI_1355.jpg

AKI_1363_20100516183411.jpg

AKI_1366.jpg

AKI_1378.jpg

AKI_1376.jpg

AKI_1375.jpg

Category: 風景 > 鳥取  

浦富海岸 鳥取県

鳥取県 浦富海岸(うらどめかいがん)は知る人ぞ知る風光明媚なスポット
で、私も以前に鳥取県の観光案内パンフで知り一度行ってみたいと密かに
思っていたのですが、実際に行ってみると想像していた以上に海が綺麗で
ここが鳥取?まるで沖縄の離島に行ったようでした。

ここで一番有名な岩が千貫松島で、真ん中がくり貫かれた岩の上に松が一本
生えており、青い海とのコントラストがとても美しく一度見てみる価値は
あると思います。
またおすすめなのが、海岸線に舗装された細い道路の各所に展望台があり、
そこから素晴らしい景色が眺められるのですが、海岸線に降りる長い遊歩道
が伸びており、一端降りると帰りの登りが・・・と思ってしまいますが
絶対に降りて行くべきです。そこには澄み切った海と白い砂浜が待っており
時間があれば一日ビールを呑んでゆっくりしたくなるような光景が
広がります。

ちなみに島めぐり観光船@1,200円も乗ってみましたが、海から見る海岸よりも
陸から見る海の方が圧倒的にキレイで、個人的にとても期待していたのですが、
時間も短く船もすごく揺れ良い写真は撮れず、結果お金の無駄使いでした。

(以下説明文流用)
浦富海岸(うらどめかいがん)
鳥取県の東端、全長約15kmのリアス式海岸。「日本の白砂青松百選」、「日本の渚百選」、「平成にっぽん観光地百選」などに選ばれている日本海屈指の自然景勝地である。
この近辺の海は透明度が高く、波が穏やかなときには25mにも達する。
そして海岸沿いには約3.5kmにわたって遊歩道が整備され、すくっと枝を伸ばした岩つき松が立つ千貫松島、難破した船が積んでいた菜種が漂着し、菜の花が咲くようになったといわれる菜種5島などを望むことができ、緑の老松がおいしげる千貫松島、菜の花が一面に咲き乱れる菜種島など、奇岩や断崖は迫力満点です。
また浦富海岸のなかでも、とくに絶景地とされるのが環境庁の海中公園地区にも指定されている城原海岸です。その幽玄な美しさから神秘の霊境とされ、文豪の島崎藤村がこの地を訪れたとき、「松島は松島、浦富は浦富」と絶賛したということです。


AKI_0856.jpg

AKI_0859_20100516181128.jpg

AKI_0887.jpg

AKI_0900.jpg

AKI_0924.jpg

AKI_0931.jpg

AKI_1026.jpg

AKI_1034_20100516181306.jpg

AKI_1035.jpg

AKI_1040.jpg

AKI_0952.jpg

AKI_0954.jpg

AKI_0962.jpg

AKI_0980.jpg

AKI_0984.jpg

AKI_0997.jpg

AKI_1047.jpg

AKI_1050.jpg

AKI_1059.jpg

AKI_1062.jpg

AKI_1063.jpg

AKI_1091.jpg

AKI_1010.jpg

AKI_1013_20100516181306.jpg

AKI_1106.jpg

AKI_1154.jpg

AKI_1213.jpg

AKI_1250.jpg

AKI_1251.jpg

AKI_1256.jpg

AKI_1270.jpg

AKI_1276.jpg

AKI_1280.jpg

AKI_1285.jpg

AKI_1288.jpg

AKI_1290.jpg

Category: 風景  

鳥取砂丘

夕暮れの鳥取砂丘で夕陽をと思い行ったのですが、GWで砂丘の駐車場は市内から
大渋滞でメインの道路は動かない状態でぐちゃぐちゃ。(裏から廻ると楽勝)
この日は珍しくリニューアル間もない豪華客船の『にっぽん丸』が鳥取港に入港しており
丁度18:00の出港風景が夕陽と伴に撮れラッキーでした。
砂丘は南北方向に2、4kmあり(ちなみに東西は16km)、海岸線まで行くと帰るのに30分以上かかり、暗い中で砂丘を歩くのは不思議な感じです。
日が暮れると遠くに漁り火が並びとても幻想的な光景になります。


AKI_0848.jpg
AKI_0852.jpg
AKI_0585.jpg
AKI_0609.jpg
AKI_0591_20100516121102.jpg
AKI_0777.jpg
AKI_0684.jpg
AKI_0683.jpg
AKI_0770.jpg
AKI_0783.jpg
AKI_0807.jpg
AKI_0823.jpg
AKI_0801.jpg
AKI_0793.jpg
AKI_0699.jpg
AKI_0758.jpg
AKI_0729.jpg
AKI_0844.jpg

Category: 風景  

三朝温泉 鳥取県

三朝温泉で立ち寄り湯に。
このあたりの温泉地の中では、三朝はとても情緒のある温泉街だと思います。
三徳川の両岸に旅館が立ち並ぶ中、温泉街は三朝橋周辺に広がっており伝統的な和風旅館が多いのが特徴で、有名な河原風呂(川原の温泉:24時間無料)と公衆浴場たまわりの湯が観光センターの隣にあります。
しかしどこに行っても河原の露天風呂に入るのは勇気が必要です。
下手をすると団体のオバサンの見せ物にされてしまい、いつまでたっても温泉から
出られなくなる可能性が高いからです。

a href="http://blog-imgs-38.fc2.com/k/a/m/kamayan2/AKI_0552.jpg" target="_blank">AKI_0552.jpg

AKI_0551.jpg

AKI_0550.jpg

AKI_0554.jpg

AKI_0556.jpg

AKI_0562.jpg

AKI_0566.jpg

Category: 風景  

倉吉 打吹公園

土蔵の見学に行こうと倉吉市役所に車を駐めようとすると満車・・・
仕方無く市役所からどんどん山を登って行き、突き当たりが陸上競技場に
なっておりようやく駐車スペースを確保。
ここから山を下って行くと市役所までが公園になっており、ツツジがちらほら
咲いているので撮ってみました。
ここは打吹公園というらしく、桜の季節はとても美しいところで
庭のつくりもなかなか立派なものでした。

AKI_0543.jpg

AKI_0541.jpg

AKI_0535_20100516115838.jpg

AKI_0532.jpg

AKI_0427.jpg

AKI_0424.jpg

AKI_0545.jpg

AKI_0547.jpg

Category: 風景  

倉吉 白壁土蔵・赤瓦 

鳥取県倉吉市・・・なんてマイナーな場所なのか。
有名なのは高校野球で倉吉北高校が鳥取県の代表で出てくる位か?
人口約5万人。
しかし白壁の土蔵や赤瓦がありました。
倉敷や金沢のように有名ではありませんが、なかなか風情のあるところです。

AKI_0448.jpg

AKI_0452.jpg

AKI_0460.jpg

AKI_0449.jpg

AKI_0463_20100516114806.jpg

AKI_0468.jpg

AKI_0475.jpg

AKI_0488.jpg

AKI_0517.jpg

AKI_0491.jpg

AKI_0505.jpg

AKI_0441.jpg

AKI_0500.jpg

AKI_0445.jpg

AKI_0494.jpg

Category: 風景 > 鳥取  

境港 船

朝、境港駅に行こうと思い海沿いを走っていると色んな船が停泊しており
思わず撮ってみました。
大型のカニ漁船やイカ釣り漁船、海上保安庁の巡視船『おき』等・・・
すぐ近くで見られるので船好きな方にはおすすめです。


AKI_0366.jpg

AKI_0371_20100516114334.jpg

AKI_0375.jpg

AKI_0379.jpg

AKI_0387.jpg

AKI_0403.jpg

AKI_0406.jpg

Category: 風景  

境港 水木ロード ゲゲゲの女房

2010年4月より始まったNHK朝の連続小説『ゲゲゲの女房』水木しげるの出身地
境港水木ロードに行ってみました。
10数年前にも来た事はあったのですが、当時より数倍スケールアップしており
連続小説の告知も街全体でスゴことになっていました。
商店街の歩道脇には、数十体の鬼太郎の妖怪モニュメントが数メートル置きに
に設置され、店の街灯は目玉おやじ、ベンチは猫むすめ等鬼太郎だらけです。
たぶん今年の夏は観光客が溢れるのではないでしょうか?


AKI_0290.jpg

AKI_0294_20100516113437.jpg

AKI_0293.jpg

AKI_0299.jpg

AKI_0310.jpg

AKI_0311.jpg

AKI_0315.jpg

AKI_0321.jpg

AKI_0301.jpg

AKI_0358.jpg

AKI_0338_20100516113622.jpg

AKI_0362.jpg

AKI_0339.jpg

AKI_0327.jpg

AKI_0348.jpg

AKI_0302.jpg

AKI_0353.jpg

AKI_0287.jpg

AKI_0305.jpg

1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 < >