fc2ブログ

美景礼賛

心に残った美しい風景を・・・    テキトーに撮っていますが、たまには良い写真も。

京都・平野神社にて 

平野神社の魁桜がようやく見頃になりました。

例年より一週間程度遅いように思います。

昨日からの気温上昇で一気に咲いてしまいそう。

これからが桜の季節の始まりですね。

でも京都はかつて経験したことのないオーバーツーリズムで

悲惨な状況です(汗)


P3290042.jpg
-- 続きを読む --
CM: 4
TB: 0

京都御所にて 

御所にはもちろん十六八重表菊紋。

日本国のパスポートにも菊の紋が使われていますが、

パスポートの菊紋は花弁が重ならない「一重」のタイプ。 

それに対して、皇室の菊花紋は16枚の花弁が表を向いて重なっていることから、

「十六八重表菊」と名付けられています。

う~んそうだったんだ。


-- 続きを読む --
CM: 6
TB: 0

大阪・梅田地下街にて 

大阪駅の地下街は万博開催に合わせてもう何年も大改修中。

ただでさえ迷路なのにダンジョン進化しています。

そして今日はセントラル・リーグ・阪神タイガースの開幕日。

高校野球が甲子園を使っているため、東京ドームでの試合となります。

甲子園では4月2日からとなりますが、今年の阪神は連覇が出来るでしょうか。



-- 続きを読む --
CM: 6
TB: 0

出町柳・長徳寺にて 

京都・出町柳にある長徳寺の早咲き「おかめ桜」。

イギリスのさくら研究家が、寒彼桜と豆桜を交配して作ったようです。

花の大きさは小輪ながら、あでやかな紅紫色。

伺ったこの時には散り桜でした。



-- 続きを読む --
CM: 6
TB: 0

京都御所・紫宸殿 

内裏の正殿である紫宸殿は,東西約33メートル,南北約23メートルにも及ぶ大きな建物で,

即位礼をはじめとする儀式に使われました。

正面中央に十八段の階段があり,その東に左近の桜,西に右近の橘。

さすが歴史ある御所って感じです。



-- 続きを読む --
CM: 4
TB: 0

京都・一条戻橋にて 

京都市のほぼ中央を南北に流れる堀川に架かる「一条戻橋」はわずか6メートルほどの短い橋。

ところがこの橋、平安時代に活躍した陰陽師の安倍晴明にまつわる伝承や源氏物語にも書かれている

鬼退治の説話の舞台となるなど、京都屈指のミステリースポット。

そこには今は大きな河津桜が咲いています。

もう見頃は過ぎていましたが、葉っぱが出始めて最後の盛りでした。



-- 続きを読む --
CM: 8
TB: 0

元京都市立成徳中学校の桜 

四条烏丸駅から近くにある閉校された、この中学校の校舎は昭和6年に建築されたそう。

蔦の絡まる校舎や、アーチ形の窓がどこか懐かしい雰囲気。

この桜は南足柄市発祥で、早咲きの「春めき桜」という品種。

カンヒザクラとシナミザクラの交配種で、2000年に品種登録されたまだ新しい桜。

特徴は枝の先までまとまって咲き、満開になるとサクラなのに甘い香りがする

珍しい品種です。

地元の方しか知らない場所なのに、何故か外国時の方でいっぱいでした(汗)



-- 続きを読む --
CM: 4
TB: 0

京都御所・近衛邸跡の桜 

同じ御所でもこちら近衛邸跡は、まだ1から2分咲きぐらいでしょうか。

今年は場所によるバラつきもあり、昨年に比べても遅いようです。

この朔平門に近い桜が一番咲いていました。

やはり御所の見頃は27~28日あたりで、その頃には千本釈迦堂のおかめ桜や

本満寺のしだれもいい感じだと思います。



-- 続きを読む --
CM: 6
TB: 0

京都御所・出水の桜 

ようやく御所の枝垂れ桜が咲きました。

早咲きなので昨年の今頃は満開でしたが、今年はおおよそ3分ぐらいでしょうか。

全国的にこの寒さで開花がだいぶ遅くなっているようです。

京都の染井吉野の見頃は4月に入ってからになると思います。


-- 続きを読む --
CM: 8
TB: 0

小便小僧 

この像の由来にはいくつか説があるものの有力なのは、

「子どもが爆弾の導火線の火を小便で消したから」というもの。

敵がベルギーのブリュッセルを攻めようと爆弾をしかけたとき、

その導火線に少年が小便をかけて消火し、そのおかげで街を救ったそうです。

この少年の名は、ジュリアン。そのため、現地ではいまでも小便小僧を「ジュリアン坊や」と

呼んでいるそうです。


-- 続きを読む --
CM: 6
TB: 0

▲Page top