美景礼賛

心に残った美しい風景を・・・    テキトーに撮っていますが、たまには良い写真も。

Category: 風景  

浦富海岸 鳥取県

鳥取県 浦富海岸(うらどめかいがん)は知る人ぞ知る風光明媚なスポット
で、私も以前に鳥取県の観光案内パンフで知り一度行ってみたいと密かに
思っていたのですが、実際に行ってみると想像していた以上に海が綺麗で
ここが鳥取?まるで沖縄の離島に行ったようでした。

ここで一番有名な岩が千貫松島で、真ん中がくり貫かれた岩の上に松が一本
生えており、青い海とのコントラストがとても美しく一度見てみる価値は
あると思います。
またおすすめなのが、海岸線に舗装された細い道路の各所に展望台があり、
そこから素晴らしい景色が眺められるのですが、海岸線に降りる長い遊歩道
が伸びており、一端降りると帰りの登りが・・・と思ってしまいますが
絶対に降りて行くべきです。そこには澄み切った海と白い砂浜が待っており
時間があれば一日ビールを呑んでゆっくりしたくなるような光景が
広がります。

ちなみに島めぐり観光船@1,200円も乗ってみましたが、海から見る海岸よりも
陸から見る海の方が圧倒的にキレイで、個人的にとても期待していたのですが、
時間も短く船もすごく揺れ良い写真は撮れず、結果お金の無駄使いでした。

(以下説明文流用)
浦富海岸(うらどめかいがん)
鳥取県の東端、全長約15kmのリアス式海岸。「日本の白砂青松百選」、「日本の渚百選」、「平成にっぽん観光地百選」などに選ばれている日本海屈指の自然景勝地である。
この近辺の海は透明度が高く、波が穏やかなときには25mにも達する。
そして海岸沿いには約3.5kmにわたって遊歩道が整備され、すくっと枝を伸ばした岩つき松が立つ千貫松島、難破した船が積んでいた菜種が漂着し、菜の花が咲くようになったといわれる菜種5島などを望むことができ、緑の老松がおいしげる千貫松島、菜の花が一面に咲き乱れる菜種島など、奇岩や断崖は迫力満点です。
また浦富海岸のなかでも、とくに絶景地とされるのが環境庁の海中公園地区にも指定されている城原海岸です。その幽玄な美しさから神秘の霊境とされ、文豪の島崎藤村がこの地を訪れたとき、「松島は松島、浦富は浦富」と絶賛したということです。


AKI_0856.jpg

AKI_0859_20100516181128.jpg

AKI_0887.jpg

AKI_0900.jpg

AKI_0924.jpg

AKI_0931.jpg

AKI_1026.jpg

AKI_1034_20100516181306.jpg

AKI_1035.jpg

AKI_1040.jpg

AKI_0952.jpg

AKI_0954.jpg

AKI_0962.jpg

AKI_0980.jpg

AKI_0984.jpg

AKI_0997.jpg

AKI_1047.jpg

AKI_1050.jpg

AKI_1059.jpg

AKI_1062.jpg

AKI_1063.jpg

AKI_1091.jpg

AKI_1010.jpg

AKI_1013_20100516181306.jpg

AKI_1106.jpg

AKI_1154.jpg

AKI_1213.jpg

AKI_1250.jpg

AKI_1251.jpg

AKI_1256.jpg

AKI_1270.jpg

AKI_1276.jpg

AKI_1280.jpg

AKI_1285.jpg

AKI_1288.jpg

AKI_1290.jpg
関連記事

Newer Entryさよなら余部鉄橋

Older Entry鳥取砂丘

 

Comments
Leave a comment







1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 < >