FC2ブログ

圓光寺・奔龍庭にて

この枯山水の庭園は「奔龍庭」と言い、2013年に完成した新しい庭園で
渦を巻いたような白砂は雲海に、そそり立つ石柱は稲妻に、また石組は天空を駆け抜ける
龍に見立てたものだそうです。
また庭園の境界を示す「留め石」は置かれておらず、この奔龍庭は何とあえて未完成のままらしいです。

庭についてはまったく詳しくないのですが、龍安寺の石庭と比べればほぼ自由に
どの角度からも撮れて手入れもバッチリ良いお庭です。






AKI_6962.jpg





AKI_6930.jpg





AKI_6853.jpg
関連記事
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

6コメント

ViVid Mr.K

こんにちは。。。
奔龍庭
昔ながらの庭園に現代アート的な雰囲気を加えた感じですね。。。
住職様の意図はわかりませんが、あえて未完成にするのは
例えば庭を見る方に完成形を想像させるとか
将来への庭の進化への余地を残しておくとか・・・?!
古来から不完全を美とする考えもあるようですし・・・
大変お邪魔いたしました。。。

  • 2020/07/12 (Sun) 11:45
  • REPLY
しろしろⅡ

しろしろⅡ

こんにちは。

ViVid Mr.Kさん

いつもありがとうございます!
おっしゃる通り不完全の美って
ありますよね。
京都のお寺さんで新しい庭を作られるって
本当に珍しいのでとても新鮮です。
でもあまり人気が無いようでした。

  • 2020/07/12 (Sun) 12:47
  • REPLY

さぶちゃん大魔王

Re: ううむ。。でも・・

 それぞれに好みはあるでしょうし、良しとする人達へ水を差すようなことにもなりますから、何も言えません。敷石が続いていますので、ひょっとして庭内を歩けるわけでしょうかね?

  • 2020/07/12 (Sun) 13:05
  • REPLY

tappe

よろしくお願いします

FC2ブログを再開しました。またお付き合いいただければ幸いです。

  • 2020/07/12 (Sun) 16:05
  • REPLY
しろしろⅡ

しろしろⅡ

こんにちは。

さぶちゃん大魔王さん

いつもありがとうございます!
確かにこの庭は独創的な感じなので、
好き嫌いはあると思います。
この庭は敷石の上も結構際どいところも
歩けて色んな角度から見れるのが他とは
違うんです。
子供とかが勝手に入ると無茶苦茶になりそうです(笑)

  • 2020/07/13 (Mon) 14:00
  • REPLY
しろしろⅡ

しろしろⅡ

こんにちは。

tappeさん

いつもありがとうございます!
再開されたのですね。
またお伺いさせていただきますので
よろしくおねがい致します。

  • 2020/07/13 (Mon) 14:02
  • REPLY