fc2ブログ

美景礼賛

心に残った美しい風景を・・・    テキトーに撮っていますが、たまには良い写真も。

刈田嶺神社にて 

蔵王連峰のひとつ標高1,758mの刈田山頂にある神社。

冬の間、御神体は山を下り麓の遠刈田温泉街にある刈田嶺神社へと移されます。

神様も行ったり来たりされるようです。

長ーい上りの参道は、ほんと天空の神社ですね。





山頂まで続く参道。

P4230450.jpg




鳥居が見えるともう少し。

AKZ_6887.jpg




山頂には蔵王山メートル指導標

P4230478.jpg




奥宮のお社。冬は数メートルの雪の中。

P4230495.jpg




天空の鳥居。

P4230511.jpg
関連記事
CM: 4
TB: 0

コメント

標高 めちゃめちゃキツイです 

古来亡くなった人の霊魂たましいは
山に帰るとされてきました
なのでお盆に迎え火送り火をするのです
神道+仏教=神仏混交の証です
(◎_◎;)

aozoratenki #- | URL | 2023/05/16 07:01 * edit *

こんにちは。
冬はお参りに来る人々のために
神様が山を下りられるのですね。
雪国ならではですね。
この道は参道というより山道ですね。
お参りに覚悟が要りそう。

十六夜 #9q3zDoJo | URL | 2023/05/16 16:08 * edit *

aozoratenkiさん

いつもありがとうございます!
なるほどそうなんですね。
勉強になります。
熊野本宮大社に行くと、「神を父に、仏を母に」
と書かれています。

しろしろⅡ #- | URL | 2023/05/16 21:47 * edit *

十六夜さん

いつもありがとうございます!
確かにこれは山登りですね。
元気じゃないとお参りに行けません(汗)
でも里に降りられる神様は遠くて近い存在。
ほんと優しいですね。

しろしろⅡ #- | URL | 2023/05/16 21:53 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bikeiraisan.blog.fc2.com/tb.php/4711-333ca66e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top