fc2ブログ

美景礼賛

心に残った美しい風景を・・・    テキトーに撮っていますが、たまには良い写真も。

鳥取城跡・天球丸にて 

この不思議な丸い石垣は、崩れそうな石垣を補強するために

1807年頃に作られたそうで、現在はそれを復元されたもの。

角をもたない構造から「巻き石垣」と呼ばれており、

このようなタイプの石垣が城に用いられた例は他になく国内では唯一とのことです。

昔の人の発想は芸術的ですごいですね。





こんもりしてまん丸。

AKZ_1471.jpg




直線的な石垣に丸いものの組み合わせはアートですね。

AKZ_1460.jpg




崩れた石垣を組み直すよりも、石垣を追加するほうが、手間がかからないらしいです。

AKZ_1473.jpg
関連記事
CM: 10
TB: 0

コメント

1805年ぐらいなら文化文政時代かな?
元禄時代と共に日本文化の爛熟時代
補完のためと云え丸いところが異国ふう?
(^o^)

aozoratenki2 #- | URL | 2023/07/24 10:05 * edit *

こんばんは

巻き石垣初めて知りました
何でもよくご存じですね
感心します

山田 #JXoSs/ZU | URL | 2023/07/24 18:53 * edit *

aozoratenki2さん

いつもありがとうございます!
どうも山陰にはお城以外にこの丸い石垣が
積まれている場所が何ヶ所かあるようです。
ちょっとびっくりです。

しろしろⅡ #- | URL | 2023/07/24 19:01 * edit *

山田さん

いつもありがとうございます!
鳥取城は石垣しか残っていないお城ですが、
なかなか立派なお城だったようです。
この丸い石垣は珍しいですよね。

しろしろⅡ #- | URL | 2023/07/24 19:03 * edit *

こんばんは。
お城の石垣は芸術的に組み上げられているなと
思いながら眺めるのですが
この丸い石垣はいいですね。
石をこんな風に丸く組むのも大変だろうな。

十六夜 #9q3zDoJo | URL | 2023/07/24 19:09 * edit *

北の国からの吾郎の家の凄いバージョンだ(・∀・)

rossi #- | URL | 2023/07/24 20:09 * edit *

十六夜さん

いつもありがとうございます!
丸く積むのはどれぐらい難易度が高いのか
ほんと考えたことも無かったです。
どう考えても曲面は難しいですよね。

しろしろⅡ #- | URL | 2023/07/25 07:17 * edit *

rossiさん

いつもありがとうございます!
おー確かに吾郎の家は石積みでしたね。
どちらも大変そうです。

しろしろⅡ #- | URL | 2023/07/25 07:19 * edit *

丸い石垣積みがそこにあるだけで

お城とかではなく、全く違った芸術的な
建築物に見えてきます。
偶然、都内に建築作品が幾つもある『梵寿綱』さんの建築作品の
曲線を生かした姿を思い出しました。
貴重な記事、ありがとうございます。
またお邪魔します、しろしろⅡさん。

kozoh55 #- | URL | 2023/07/25 08:39 * edit *

kozoh55さん

いつもありがとうございます!
石垣が丸いというのはまったく違う
ものに見えるのが不思議ですよね。
こちらこそいつもご訪問戴き恐縮です。

しろしろⅡ #- | URL | 2023/07/26 21:25 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bikeiraisan.blog.fc2.com/tb.php/4780-0bcf897c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top