fc2ブログ

美景礼賛

心に残った美しい風景を・・・    テキトーに撮っていますが、たまには良い写真も。

太郎坊宮(太郎坊・阿賀神社)にて 

この三角形の不思議な山、赤髪山の中腹にある太郎坊宮。

「役行者の兄弟子であり、赤神山に住んでいた天狗の太郎坊が山上に現れて、

この地に一宇を建立するように最澄に告げ、山の守護神としてその建立を手助けしたという」

知る人ぞ知る滋賀県のパワースポットです。





本殿までは鳥居をくぐり石段が800段あります。

PB081589.jpg




この巨石、夫婦岩の左が本殿。

PB081629.jpg




社務所はかなり立派。

PB081611.jpg




この天狗が太郎坊。

PB081593.jpg
関連記事
CM: 6
TB: 0

コメント

こんにちは。
岩肌がごつごつしていて面白い山ですね。
役行者の兄弟子が天狗というのも
妙に納得するから不思議です。
こちらは修行の場だったのでしょうね。
太郎坊さんは親しみがあるお顔をされているように感じました。

十六夜 #9q3zDoJo | URL | 2024/01/04 14:04 * edit *

元気な天狗です 赤ら顔なのは踏ん張り過ぎでしょう
むかし岩山肌に木はなかったような気がします
ロッククライミングできそう
(*˘︶˘*).。.:*♡




aozoratenki2 #- | URL | 2024/01/04 15:24 * edit *

こんにちは

こんな山の中腹にお寺を作ったのですね
昔の人は凄いですね
天狗まで出るんですね

山田 #JXoSs/ZU | URL | 2024/01/04 16:11 * edit *

十六夜さん

いつもありがとうございます!
役行者さんは空を飛べたらしいので、
きっと天狗に教わったんでしょうね。
太郎坊のお兄さんは京都の愛宕山に
住まれていたようです。

しろしろⅡ #- | URL | 2024/01/04 18:12 * edit *

aozoratenki2さん

いつもありがとうございます!
天狗も赤い方や青い方、またまた
カラスのような方もいて色々ですね。
仰るように大昔は岩山だったのかもですね。

しろしろⅡ #- | URL | 2024/01/04 18:14 * edit *

山田さん

いつもありがとうございます!
ほんと重機がない時代に山の上に
神社を建てるなんてどんな考えだったのか
ほんと不思議です。

しろしろⅡ #- | URL | 2024/01/04 18:15 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bikeiraisan.blog.fc2.com/tb.php/4944-0f05ca67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top